メントール英語発音教室

メントール英語発音教室の

4つの特徴

  • すべてのレッスンが代表による英語発音矯正。
  • 経験・実績が豊富で確実な成果が評判。
  • 生徒さん一人一人に合わせた完全個人スクールです。
  • オンラインのみ、またオンラインと通学の組み合わせも可能です。

メントール英語発音教室が

英語発音矯正はマンツーマンレッスンとグループレッスン、どっちがいいの?

英語発音矯正は、グループレッスンではなくマンツーマンレッスンのどちらを選ぶべきか。

 「英語発音矯正は、マンツーマンとグループレッスン、どちらが効果が高いか」、という質問であれば、答えは断然「マンツーマン」です。

 ■英語発音矯正のマンツーマンレッスンのメリット■

まず、前提としてマンツーマンレッスンも、プライベートレッスンも、個人レッスンも、個人指導も同じ意味です。

 

メリット:効果が早く出やすい

ちゃんとした先生のマンツーマンレッスン以上に時間効率の観点からも、効果が出るスピードの観点からも、これ以上良いものはありません。

 

特に発音というのは会話と違って、個々の普段の息の出し方から、歯の生え方、舌の可動域(舌の全長ではありません)、さらには舌の力(舌は筋肉と神経でできていて、日本語はこの筋肉をほとんど使わずに話せる言語であるため、多くの人は筋肉不足で説明した通りに舌が動かない。)が違います。

「思った通り、説明した通りに動かない度合い」が人によって異なるので、マンツーマンでその人のエラーを、その人が理解できて、実行できる方法で説明し、さらに実行した結果を先生がちゃんと聞いて、「どこがどうあっていて、どう違っているのか」や「どうやったら違うところがあってる音になるのか」を説明し、正解に近づく過程を見守り、打率を上げるための説明や指導をする必要があります。

集団レッスンだと、その人に合うエラー指摘やその人が理解できる説明を複数の人に同時に行うことは難しいので、効果が出るのに時間がかかってしまう場合が多いのです。

マンツーマンの方が、手っ取り早いです。

他人の間違いや合っている音を聞いて、コツを掴んで真似するのが得意な人は、この限りではなく、グループレッスンからの方が逆に多くのものを得ることができるでしょう。

しかし、逆説的なことを言うと、「真似」が得意な人はそもそも発音のレッスンなんて受けなくても映画やドラマや外国の人の日常会話でも盗み聞きして「真似」をすれば良いので、有料のレッスンを受ける必要がないでしょう。

受けなきゃいけないと思っている人は、そもそも自力で「真似」ができないから、レッスンを受けて発音を直そうと思っているのではないでしょうか。

あなたが「真似」をできないのなら、集団ではなく、マンツーマンのレッスンが最強の選択肢です。

 

 

 

■マンツーマンレッスンのデメリット■

では次に、マンツーマンレッスンのデメリットを挙げます。

デメリット:集団に比べて、単価が高い

集団レッスンは、一人の先生の時給を何人かで割るので、マンツーマンより安くなるのは当たり前のことです。

マンツーマンのデメリットは、一見して単価が高そうに見える、ということくらいでしょうか。

 

あと、強いてもう一つ挙げるなら、緊張しやすい人にはちょっときついかもしれません。相性が合わない先生が相手になってしまった場合にも。

集団レッスンなら何人かにそれが分散されますが、マンツーマンはそうもいきません。

何となーくふんわりレッスンに参加したい人にとって、この濃さはデメリットと言えるでしょう。

■マンツーマンレッスン、グループレッスンに求められる先生のスキルの違い

集団レッスンで先生が求められるスキルと、マンツーマンレッスンで求められるスキルは全く異なります。

集団レッスンでは、参加者の大半が7−8割の人が満足を得られるような、最大公約数的なニーズを満たすことが求められます。

1−2割の人にとって100%の満足を与えるようなレッスンをするわけには行かないのです。

ですから、集団レッスンばかりしている先生が、マンツーマンレッスンで尖った指導スキルを磨き、向上させるのはなかなか難しいし(数と経験が蓄積されないから)、マンツーマンばかりしていたら、いくらそのスキルが高い先生でも、集団をうまく満遍なく満足させることは難しいし、スキルがなかなか向上しません。

発音に限っては、特定の分野を、独自のやり方で、特定の属性をもつ相手にひたすらやって、技を磨き上げる方が教えるスキルは上がります。

あれもこれもやると、平均的な教えるスキルは得られても、すごく差別化された高度なスキルが身につきにくいです(不可能ではありません)

色々書いてきましたが、マンツーマンにはマンツーマンのメリットデメリット、集団には集団のメリット、デメリットがあり、教える先生に必要なスキルは、それぞれ異なります。

自分や先生の特徴を見極めて、時間とコスト効率がよく、効果がありそうな方を選びましょう。

■杉本 香七からグループレッスンを受けた人の感想■

ちなみに私は、外部で色々チャンスをいただいているため、マンツーマンは言うまでもなく得意ですが、集団は3名程度の小さいものから、三百人規模の大きい集団への効果を最大化したレッスンをすることが得意です。集団レッスン受けた方の感想はこちらこちらをご覧ください。